子供部屋のインテリア

子供部屋のインテリアを作るためのヒントを紹介

子供部屋のインテリア、部屋づくりの考え方

子供の成長に合わせ親が作ってあげましょう

近年では、世界中の商品が流通するようになり、子供部屋のインテリア家具も例外ではありません。

特に欧米の子供用家具には、カラフルで夢のあるデザインが多く、これらの家具で部屋づくりをすることに憧れるお父さん、お母さんも多いのではないでしょうか。

国内の家具でも、かわいいものがありますし、シンプルで飽きがこず、安全なデザインもまた良いものですね。

子供部屋のインテリアを考える際「子供の成長に影響を及ぼす部屋づくりで、親のエゴを押しつけてしまっていいのかな」と考えることもあるかもしれませんが、子育てとは、親が様々なことを選択して形作っていくものです。

中学生頃になり自分のことは自分で出来るようになれば別ですが、それまでは、子供が過ごしやすい、成長を助けるような子供部屋を、親がつくってあげましょう。

子供部屋では、成長とともに必要な家具の用途も変わっていくもの。例えば小さい頃はおもちゃ収納が多くなりますが、大きくなると本や学校で使うものの収納が増えます。衣類は、畳んでの収納から、ハンガーを使った収納が多くなっていくでしょう。

そのようなタイミングに合わせて、成長に合ったインテリアを買い替え、部屋づくりをしていくのが理想的ですね。