子供部屋のインテリア

子供部屋のインテリアを作るためのヒントを紹介

ふた付きの空き箱を活用する

子どもにとっての「宝物」の居場所を作る

片づけグッズの定番アイテム、カラフルな収納ボックス。見た目が良いのはもちろん、色のイメージでおもちゃを判別できることもいいですね。しかし下の方に入ってしまったおもちゃたちは忘れられがちで、いざ出したところで「これって懐かしい」というレベルになり下がるのが困りもの。

これを解消するのがふた付きの箱です。商品が入っていた空き箱を活用しましょう。

靴が入っていた紙の箱、クッキーやおせんべい用のお菓子の缶などが空いたら、子供にすぐに渡すようにしています。空き箱はカード、スーパーボール、ガチャポンでゲットした小さなキーホルダーなどを一堂に入れておけます。もちろん、無造作に!

壊れて困るようなプラモデル、ややレアもののおもちゃなども、取り出しやすいふた付きの箱ならばセキュリティ面でもOKですね。

大人にとっては少々困るような物の片付けにもいいですよ。こまごましている石や枝(もちろん、どこかから拾ってくる)は宝物同然というように、いつの間にか玄関先に山積み、洗面台にも放置されていることがありますよね。洗濯ものと分別する、子供なりの心遣いなのだろうけれど…。

そういったゴミと同等のものでも収集したいという気持ちを踏みにじらないよう、大事なものはここに入れておいてねという意味でも、空き箱空き缶はお片づけの必須アイテムです。