子供部屋のインテリア

子供部屋のインテリアを作るためのヒントを紹介

子供部屋のインテリア、家具やその配置

成長の時期に合った家具を選び配置を考えます

子供部屋のインテリアとしては、机、ベッド、本棚、収納などなど、様々な家具があります。

子供がどのような雰囲気の部屋で過ごすかは、子供の成長にも大きく影響を及ぼすと考えられ、行き当たりばったりでなく、子供と一緒にインテリアをコーディネートしていきたいものです。限られたスペースをいかに有効に使い、家具を配置するかということも、ポイントです。

幼少期には、机は置かずに遊べるスペースを大きく取ります。海外ブランドの家具では、車型のベッドやピンクの収納棚など、カラフルで夢がいっぱいのデザインも多くあります。遊びから学んでいく時期に、楽しい子供部屋で過ごすことが出来ます。

小学生になれば、遊びのスペースを残しつつ壁に寄せて机を置くのが一般的です。机に座った時に、テレビや漫画、おもちゃが目に入ると、自然に集中力を欠き注意力も散漫になります。ベッドやテレビが目に入らないようレイアウトしましょう。

窓とエアコンの位置にも注意が必要です。明かりや風が入る窓辺は有効に使いたいものですが、形状によっては机を置きにくい場合もあります。また、エアコンの吹き出し口にベッドや机などを置くと、風が長時間当たりやすく体調に影響します。季節を通して過ごしやすい配置が大切です。