子供部屋のインテリア

子供部屋のインテリアを作るためのヒントを紹介

子供部屋のインテリア、子供ベッドで気になること

安全性や使い勝手を考慮し環境に合ったものを

子供部屋のインテリア、ベッドにも色々と選択肢があり迷うもの。
赤ちゃんの時はベビーベッドを使うのか、マットレスや布団を敷くのか。幼児~小学校に上がる頃には、ベッドを購入するのか。

子供ベッドのコーナーに行くと、一般的な子供ベッドや、楽しくなるような車型のベッドなどもあります。兄弟姉妹がいる時には2段ベッドが省スペースに有効ですし、ベッド下が収納引き出しになっているもの、ロフトベッドを使用するという選択肢もあります。

成長期の子供にとって、長い時間体を横たえることになるベッドは、とても大切なものであると言えます。子供用製品として、危ない作りでないこと、塗装や接着剤もあまり匂いの強いものは避けたいですね。それらに有害成分が入っていないか、気にする人もいるでしょう。

また幼児期は発汗量が多いですし、おねしょをしても手軽に洗濯や乾燥が可能なものを選びましょう。

レイアウトとしては、例えば子供部屋のドアを開けた時、ベッドが直線的に見えるとストレスを感じるそうです。そのようなことのない場所に、また部屋を広く見渡せるような場所にベッドを置くのが理想的です。またインテリアの風水的には、頭を東に向けると、成長運、発展運が伸びると言われています。