子供部屋のインテリア

子供部屋のインテリアを作るためのヒントを紹介

子供部屋のインテリア、本棚を置きましょう

いつでも自由に本を読める環境を

子供部屋のインテリアの中で、ベッドなどの就寝スペースと収納家具は必ず必要なもの、机は成長してから買うことも多いでしょう。

必要かな?と考えるインテリアのひとつが、本棚です。他のおもちゃ類と一緒の棚やボックスにしまうこともできますが、いつの間にか冊数が増えてしまうものですし、やはり本棚として作られた製品の方が、すっきりときれいにしまえるものです。

出来れば子供用の本棚を用意しましょう。本棚があればすっきりと取り出しやすくなり、本を読みやすい環境にすることが出来るため、情緒豊かな成長が期待できますね。

商品にも、様々な選択肢があります。おもちゃやカバンの収納と一緒に本棚がついた、一体型のラックタイプや、表紙を見せて楽しく置ける薄型の絵本ラック、たくさんの本を収納できる専用棚、おもちゃ用ボックスと一体になった本棚もあり、子供部屋の収納としては便利ですね。

デザインも、シンプルな木目調のもの、楽しいカラフルなものもあります。

リビング他の部屋に大きな本棚を設け、大人の書籍と一緒に置く、というのも良い方法です。その際は子供が取りやすいよう、下の方に子供の本、上の方に大人の本を置きます。子供が自分の興味のあるものを自由に読める環境に出来ます。