子供部屋のインテリア

子供部屋のインテリアを作るためのヒントを紹介

子供部屋のインテリア、机は慎重に選びたいアイテム

いくつかのポイントを押さえた選択を

子供部屋インテリアのキーアイテムである机。テイストもありますが、機能的にも満足なものを選びたいですね。

幼児期に使う小さな可愛らしい机では、優しい丸みのあるデザインもあれば、カラーボックスの天板部分を利用し、収納と一体になったものなどもあります。カラーボックスは後々色んな使い方が出来るのでインテリアとして便利です。素材にも気を配りたいですね。

小学校に上がり、いよいよ学習机を選ぶ際には、長く使えるものを選びましょう。選ぶ時の大きなポイントは、まずは形と大きさ。形には、人気の棚付きデスク、ライティングデスク、ユニットデスク、ベッド付きデスクなどがあり、大きさは、L、M、コンパクトなどです。通常100~110cmあれば十分で、2つ並べるなら95cmも良いでしょう。

次に木の種類です。木目がきれいな高級材・ナラ材や、ゴム材、タモ材、アルダー材などがあり、それぞれに特徴があります。木の貼り合わせ方も色々です。

ステップアップデザインかどうか、というのもポイント。機能的に、成長に合わせて置き方を変えられるものや、子供部屋のコーディネートを重視したデザインもあります。

椅子や照明をどうするかも、成長期の子供にとって重視したい点です。実際に座ったり、灯りを点けて確認しましょう。