子供部屋のインテリア

子供部屋のインテリアを作るためのヒントを紹介

子供部屋のインテリア、模様替えについて

そのタイミングと注意点

子供部屋のインテリアは、成長の時期によって必要なものやその用途などが異なってきますが、模様替えについても同じことが言えそうです。

日本では、幼児期には家族と一緒のスペース、リビングの一角などに、子供用のスペースを設けることが多いようです。
その場合には、ベッドなどの寝具や収納ボックスや棚、小さな机と椅子等を配置し、主に「遊ぶスペース」として使用するものと思われます。そのような空間を楽しいスペースに模様替えするのも良いでしょう。

その場合、インテリアの買い替えのほか、最近流行りのウォールステッカーを使えば、手軽に、子供らしく楽しい空間が生まれます。

成長が進むと、独立した子供部屋を与える場合が多いでしょう。このような時、充分に部屋数があれば問題ないですが、日本の住宅事情では、省スペースで工夫が必要なケースも多くあります。

こんな時に役に立つのが、ベッドの下や上部分が机・収納を兼ねる、一体型の家具です。この家具を間仕切りのようにして、2つの独立した子供部屋にすることも出来ます。

模様替えの際には、家具を傷つけないように配慮することも大切ですが、子供の独立心を育てる意味でも、親が勝手に進めるのではなく、子供と一緒に作業を進めることも重要です。